勤務医が職場に求める勤務環境改善策の第1位は、「当直明けの勤務者に対する配慮」(35.0%)だった。「夜勤、緊急時対応、オンコール対応などに対する給与・手当などの処遇を充実・改善」が33.0%で続き、「年次有給休暇をはじめとする休暇の取得促進」も32.9%と高率だった。

医師が求める対策の第1位は「当直明けの配慮」の画像

ログインして全文を読む