年間5万人近い日本人の命を奪う大腸癌。食生活の欧米化などを背景に急増中で、女性では癌による死因のトップを占める。対策には早期発見が必須だが、被検者の負担が大きい大腸内視鏡検査に代えてCTコロノグラフィーを実施し、精検受診率を向上させて大腸癌の早期発見につなげる施設が増えている。

大腸内視鏡に匹敵するCTコロノグラフィーの画像

ログインして全文を読む