今年3月に日本大腸肛門病学会は、国内初となる『便失禁診療ガイドライン』を発行した。大半の便失禁は、初期診療で行う食事・生活・排便習慣指導や薬物療法でコントロール可能なことから、ガイドラインではプライマリケア医による積極的な診療参加を呼びかけている。

日本初の『便失禁診療ガイドライン』が登場の画像

ログインして全文を読む