画像診断の重要所見が共有されず、診断・治療が遅れた事例が後を絶たない。主治医の確認ミス、診療科間の連携不足、さらには繁忙な勤務状況などと、所見の見落としが繰り返される理由は様々に重なり合っている。改善策はあるのだろうか。

画像診断報告書の確認漏れが起こる理由の画像

ログインして全文を読む