2016年11月、iPhone用のアプリ「インフルレポート」がリリースされた。このアプリはiPhoneユーザーなら誰でも使えるアプリで、利用者は登録した地域のインフルエンザの流行状況を知ることができる。流行状況のデータは、利用者自身が入力したインフルエンザ罹患歴などのデータに基づく。

スマホを使ったインフルエンザの疫学研究始動の画像

ログインして全文を読む