欧米から導入が始まった経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)が、日本でも快進撃を続けている。3年前に8施設しかなかったTAVR実施可能施設が、現在では106施設にまで増え、実施例数も急増。昨年にはメーカー2社からそれぞれ最新モデルが発売され、使用できる患者の幅も広がっている。

進撃のTAVR、費用対効果の壁を越えられるかの画像

ログインして全文を読む