2011年に韓国ソウルで開かれた国際放射線防護委員会(ICRP)では、放射線から水晶体を守るための閾線量を0.5Gyに引き下げ、従事者の水晶体等価線量限度を5年間平均で年20mSv、年最大50mSvにすべきと勧告された。今後、我が国の法令にも反映されると見込まれる。放射線防護学の普及に努める榊原記念病院放射線科技師長の粟井一夫氏に、水晶体等価線量に影響を及ぼす要因と水晶体を守るための防護眼鏡の選び方を聞いた。

あなたの水晶体を守る防護眼鏡の選び方の画像

ログインして全文を読む