2016年11月に、「小児呼吸器感染症ガイドライン」が改訂され、百日咳の診断基準が見直された。百日咳菌の新しい検査法が実用化されたのを受けてのもの。百日咳の早期診断・治療開始により、全国で散発的に起きている百日咳の流行を激減させる効果が期待されている。

新検査法の登場で百日咳の診断が変わるの画像

ログインして全文を読む