2016年中の公開を目指して、日本集中治療医学会は「集中治療室における早期リハビリテーション〜早期離床やベッドサイドからの積極的運動に関する根拠に基づくエキスパートコンセンサス〜」(案)の策定作業を進めている。9月中旬には、パブリックコメントを募集するために学会ホームページ上で内容を公開。同コンセンサスのポイントについて、同学会早期リハビリテーション検討委員会委員長の高橋哲也氏(東京工科大学医療保健学部学科長)に聞いた。

48時間以内に早期離床を、リハの開始・中止基準も提示の画像

ログインして全文を読む