筑波大学附属病院は宇宙航空研究開発機構(JAXA)とタッグを組み、宇宙での安全管理手法を生かした医療事故防止策の検討を進めている。手始めに取り組んだ転倒・転落防止策は、この10月にも全病棟に取り入れる計画だという。「JAXA式」の医療安全対策の実像に迫った。

宇宙飛行士・向井氏の助言で始まった事故対策の画像

ログインして全文を読む