現行のフルハイビジョン硬性内視鏡の16倍高い解像度を持つ超高精細硬性内視鏡(8K内視鏡)の開発が進んでいる。実用化すれば内視鏡手術で起こる神経損傷、出血などの術後合併症、癌組織の取り残しなどを低減できると期待されている。8K内視鏡を用いた手術は既に試験的に行われており、普及には有効性の検証が待たれる。

8Kカメラの「高精細」は臨床に役立つか?の画像

ログインして全文を読む