今年4月の診療報酬改定で、関係者待望の「排尿自立指導料」が新設された。その算定に必要な尿量測定・排尿日誌を自動化した携帯膀胱用エコー画像診断装置も登場し、尿道留置カテーテルの早期抜去やオムツ外しが一層進みそうだ。

排尿自立・在宅復帰へ携帯膀胱用エコーが威力の画像

ログインして全文を読む