大動脈瘤や大動脈解離に対する血管内治療として急速に普及した、ステントグラフト治療。解離に対しては、加藤雅明氏が世界第1例を施行した。「慢性期の瘤化予防を目的とした低侵襲な治療法を開発し、…

大動脈解離の血管内治療で世界をリードの画像

ログインして全文を読む