冠動脈狭窄の非侵襲的検査として普及した冠動脈CTで、心筋虚血の評価もできるようになった。安定狭心症の診療では近年、狭窄の視覚的評価に頼った経皮的冠動脈インターベンション治療(PCI)の過剰適用が指摘されている。FFR-CTと呼ばれる本検査の導入で、心臓カテーテル検査や負荷心筋血流シンチグラフィーを行わずとも、虚血の情報を加味したより適切なPCI施行の判断が可能になる。

心カテ・シンチ不要!CTだけでPCIの判断可能にの画像

ログインして全文を読む