2016年中の完成を目指して、「日本版敗血症診療ガイドライン2016」の改訂作業が進んでいる。日本集中治療医学会と日本救急医学会が合同で作成しており、両学会は8月30日から9月13日まで、ホームページでパブリックコメントを募集している。新ガイドラインの概要について、同ガイドライン作成特別委員会委員長である西田修氏(藤田保健衛生大学麻酔・侵襲制御医学講座主任教授)に聞いた。

敗血症の初期蘇生はもっと“緩め”にの画像

ログインして全文を読む