百日咳対策として、欧米ではジフテリアと破傷風、百日咳ワクチンの11〜12歳児に対する追加接種が推奨されている。国内でも沈降精製百日せきジフテリア破傷風混合ワクチン(商品名トリビック)の用法・用量が今年2月に変更され、ようやく追加接種に使用できるようになった。来年にも定期接種として認められそうだが、安定供給に課題が残る。

欧米より10年遅れ、進まない百日咳予防の画像

ログインして全文を読む