大学医局に属さない救急医が二次、三次救急病院を「ローテート」する仕組みを作り、幅広い症例に対応できるようにする――。横浜市とその近隣地域の病院などで構成する横浜救急医療研究会は、数年前からそんなユニークな取り組みを行ってきた。現場で働きながら大学院で学べる仕組みも取り入れ、医師のキャリア形成を支援している。

医局に属さない救急医を研究会が「ローテート」の画像

ログインして全文を読む