乳幼児が罹患する全身性の血管炎症候群である川崎病が、過去最高の罹患率を毎年更新している。主要症状の数が診断基準に満たない「不全型」でも、冠動脈病変の合併率は決して低くないことが分かってきた。将来、急性冠症候群を発症するリスクを残さないためにも、早期の拾い上げと治療が欠かせない。

診断基準に満たない川崎病を見逃すなの画像

ログインして全文を読む