以前からリスクが指摘されている薬剤関連顎骨壊死が増えている。「ビスホスホネート(BP)を使用する患者に侵襲的歯科治療を行う前には、顎骨壊死を防ぐために休薬が絶対必要」と考える歯科医がいまだ多く、結果的に高齢者を中心に「抜歯難民」が増えているのが増加の一因と考えられている。

増える薬剤関連顎骨壊死、「抜歯難民」も一因?の画像

ログインして全文を読む