「皮膚科開業医にとって怖いのは皮膚悪性腫瘍の見逃し」。そう考える佐藤俊次氏は、保険適用前からダーモスコープを購入して独学を進める中、画像変換技術を用いて皮膚構造を見やすくする手法を編み出した。海外学会でも成果を発表するなど、ダーモスコピー普及に尽力している。(本文中敬称略)

ダーモスコピーの画像変換で皮膚科診療に新風の画像

ログインして全文を読む