厚生労働省が6月21日付で発令した幹部人事が、医療関係者の間で話題を呼んでいる。中でも関心を集めているのが、事務次官の登竜門とされてきた保険局長の人事だ。新局長には、技術総括審議官だった鈴木康裕氏が就任した。

医系技官の保険局長就任で2018改定は大改革への画像

ログインして全文を読む