2009年4月。奈良地方裁判所は、医師の宿日直が断続的労働に当たらないとして時間外手当の請求を認めた。2013年には最高裁が上告を受理せず判決が確定した。ところが、その後も同じ医師らによる裁判は続いていた。根本的な解決策が実行されず、今も「違法状態」の勤務が続いているからだ。

続く「宿日直とは名ばかり」の違法状態の画像

ログインして全文を読む