2016年3月18日、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)のデュロキセチン( 商品名サインバルタ)の適応に、「慢性腰痛症に伴う疼痛」が加わった。販売元によると、既に海外29カ国で腰痛症などの慢性疼痛の治療で適応を有している。

慢性腰痛に抗うつ薬デュロキセチンをどう使う?の画像

ログインして全文を読む