重症あるいはコントロール不良の喘息患者において、副鼻腔炎の評価も行い治療に役立てようという動きが活発化してきた。成人発症の喘息に高率で合併する好酸球性副鼻腔炎を治療することで、喘息を良好にコントロールできるようになるからだ。喘息治療で使用している吸入ステロイドを吸入後に鼻から呼出するだけで、好酸球性副鼻腔炎をある程度改善できることも分かりつつある。

喘息管理で困ったら吸入ステロイドは鼻から呼出の画像

ログインして全文を読む