2011年の東日本大震災と原発事故により、福島が負った傷は深い。あれから5年。県民の健康を見守る体制の充実、高度医療の提供や開発、そして医師確保に向けて、福島県立医科大学の挑戦が本格化している。

福島の復興を医療面から牽引の画像

ログインして全文を読む