常勤医の7割以上が週1回以上の当直を担当し、半数近くは3時間以内の仮眠しか取れておらず、実質的な夜勤状態にある。かつ、当直の翌日は8割以上が通常勤務をしている――。これが循環器救急医療を担当する医師が置かれている現実であることが、日本循環器学会の調査で明らかとなった。

週1回超の当直はざら、実質的な夜勤状態もの画像

ログインして全文を読む