メラノーマと色素細胞母斑(いわゆるホクロ)の鑑別などに有用で、2006年に保険適用、2008年の診療報酬改定では保険点数が大幅にアップし、今や皮膚科医の半数は保有していると言われているダーモスコピー。しかし、実際にはダーモスコピー像を見ても疾患の鑑別に役立てるのが難しく、十分に活用されていないとの指摘もある。

Webでダーモスコピーのいろはを学ぼうの画像

ログインして全文を読む