前立腺癌疑いの患者に行う生検は、超音波画像を基に「腫瘍が多い」といわれる辺縁部を中心に全体から組織を採取するのが一般的。その精度を上げるため、MRI画像で「腫瘍の存在が疑われる場所」を特定した上で、その部位を中心に採取する手法が注目されている。

前立腺生検はMRIで狙い撃ちの画像

ログインして全文を読む