2月26〜27日に東京都内で開催された第12回日本消化管学会総会学術集会のメインテーマは「消化管学の新規エビデンスを求めて」。その狙いについて会長の平石秀幸氏は、「高齢化の進展とそれに伴う医療費の増大を背景に、今後はより合理的な消化管診療のあり方を模索すべき時が来ている」と強調した。

「より合理的な消化管診療を模索すべき時」の画像

ログインして全文を読む