リードを血管内に留置しない「完全皮下植え込み型除細動器」(S-ICD)が、我が国でも使えるようになった。致死性頻脈性不整脈である心室頻拍や心室細動による突然死の予防が目的だ。従来型のデバイスで問題となっていた、リードの血管内留置に伴うトラブルから解放されることが大きなセールスポイント。近い将来S-ICDが主流になると期待されている。

血管内にリード入れない植え込み型除細動器の画像

ログインして全文を読む