救急患者の約3割が、精神症状を呈していたり、自殺企図例だというデータがある。精神科診療機能が乏しい救急医療機関のスタッフの中で、精神症状への初期対応を学び、翌朝や週明けなど精神科や専門機関に送るまでの“つなぎ役”になろうという気運が高まっている。

救急医が精神疾患合併患者を上手に診るコツの画像

ログインして全文を読む