血管内治療の名手として知られる放射線科医の朝戸幹雄氏は、2006年に民間病院の院長職に就くと、院内改革に邁進。ギリギリの経営状態だった病院を、活気のある優良病院へと変身させた。

高齢過疎地の医療モデル作りに挑むの画像

ログインして全文を読む