日本消化管学会総会学術集会は、消化管に関する1領域を数年にわたり継続して議論するコアシンポジウムが目玉の1つ。2月26〜27日に東京都内で開催された第12回日本消化管学会総会学術集会のコアシンポジウムでは、機能性ディスペプシアと他の機能性消化管障害との鑑別について議論された。機能性ディスペプシアは日々患者の訴える症状が変化し、胃食道逆流症(GERD)に似た症状や下痢、便秘、腹痛など、他の疾患との鑑別に難渋するケースも少なくない。

機能性ディスペプシアの他疾患との鑑別が議論にの画像

ログインして全文を読む