泌尿器の悩みを抱える患者が多い一方で、過活動膀胱などの泌尿器系疾患に苦手意識を持つ非専門医は少なくないだろう。問診、検尿、超音波残尿検査で他疾患や難易度の高い患者を除外すれば、非専門医でも過活動膀胱を安全に診療できる。

過活動膀胱診療で失敗しないコツの画像

ログインして全文を読む