腹腔鏡下手術事故を機に院内改革に取り組んでいた千葉県がんセンターで、新たに病理検体の取り違え事故が発生し、本来は不要な乳房全摘手術が行われた。事故の検証から、人員不足を放置していた病院側の不作為が露見した。

ログインして全文を読む