非常に予後が悪く、致死率も高いのに、治療選択肢が少なく、その治療効果もまだまだ不十分なのが急性移植片対宿主病(GVHD)。この難治性急性GHVDに対する新たな治療薬として2月24日、「テムセル」が発売された。テムセルは他家細胞を使った国内初の細胞医薬としても注目されている。

急性GVHDの予後改善に新たな選択肢の画像

ログインして全文を読む