手術時に、硬膜外麻酔や脊髄クモ膜下麻酔の代わりに末梢神経ブロックを行う鎮痛法が広がっている。高齢者などのハイリスク患者であっても安全な手術が可能になり、また、術後に確実な鎮痛効果が得られることから、麻酔科医にとって欠かせぬスキルの一つになりつつある。

術中麻酔で活用広がる「末梢神経ブロック」の画像

ログインして全文を読む