WHOが2月1日、ジカ熱との関連が強く疑われる小頭症やギラン・バレー症候群の集団発生について、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と宣言。我が国でも感染症法に指定されるなど対策が動き出した。輸入感染例の発生リスクが高まる中、専門家は「デング熱を疑う臨床症状があればジカ熱も鑑別診断に加える」というスタンスを基本とすべきと話している。

「デング症状があればジカも鑑別」を基本にの画像

ログインして全文を読む