ポリファーマシー(polypharmacy:多剤併用)は、特に副作用や有害事象につながりやすい高齢者で問題視されるが、いざ減薬となると様々な事情が絡み合い、一筋縄ではいかないことが多い。入院患者の多くが超高齢者である青梅慶友病院(東京都青梅市)では、院長が中止・減薬の目安となる基準値を打ち出し、一歩踏み込んだ減薬プロジェクトを実施し、多剤併用している患者数の半減に成功している。

病院を挙げてポリファーマシー患者を半減の画像

ログインして全文を読む