循環動態指標を用いて術中の輸液管理を適正化する「GDT」の概念が広がりつつある。過剰輸液による術後合併症を防ぎ早期退院につなげる試みで、手術患者の高齢化や合併症を有するハイリスク症例の増加などに伴い、その重要性が高まっている。

過剰輸液の回避で術後合併症を防ぐの画像

ログインして全文を読む