米国リウマチ学会は昨年11月、関節リウマチ(RA)治療ガイドラインを改訂し、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬を抗リウマチ薬不応例への治療選択肢の1つに位置付けた。開発中のJAK阻害薬バリシチニブは第3相試験で生物学的(バイオ)製剤を上回る有効性を示し、RAの治療戦略を大きく変えそうだ。

リウマチは経口薬だけで治せる時代への画像

ログインして全文を読む