米疾病対策センター(CDC)所長が「ナイトメア・バクテリア(悪夢の細菌)」と呼び、警告を発したカルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)。最後の切り札といわれる抗菌薬でも抑えきれないこの多剤耐性菌は、日本でも密かに広がっている。

密かに広がるナイトメア細菌、ステルス型も確認の画像

ログインして全文を読む