日常診療の一幕を再現し、医療者と患者の意識の溝を描き出す「糖尿病劇場」。生みの親である岡崎研太郎氏(47歳)は、その先に糖尿病診療のパラダイムシフトを見据えている(文中敬称略)。

「糖尿病劇場」で医療者の意識を変革の画像

ログインして全文を読む