4月に予定されている診療報酬改定の改定率が、2015年12月21日に決定した。診療報酬は、医師らの技術料や人件費に当たる「本体」部分と、医薬品や医療材料の価格である「薬価等」の部分からなる。改定に当たっては、この2つをそれぞれ何%増減させるかを決め、本体の改定率と薬価等の改定率を合わせたものが「全体改定率」と表される。

で、ホントの診療報酬改定率は何%ですか?の画像

ログインして全文を読む