2015年9月の化学及血清療法研究所製ワクチンの出荷自粛要請の影響で、B型肝炎ワクチンが不足している。厚生労働省は他社に増産を依頼するなど策を講じたが、臨床現場からは緊急輸入を解禁すべきという声も上がっている。

化血研騒動でB型肝炎ワクチンが不足の画像

ログインして全文を読む