2015年12月に発行された日本老年医学会の「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」。本来の完成予定は6月だったが、その内容に患者や一部学会から“苦情”が相次ぎ、予定が大幅にずれ込んだ。なぜこれほど反発を受けたのか。

高齢者の薬物療法GL、予定より半年遅れの顛末の画像

ログインして全文を読む