日本医師会副会長の松原謙二氏は、「新制度で日本医師会が果たすべき最も大事な役割は、支援団体として、全国の医療機関からの相談に十分に乗れる体制を構築することである」と強調した。各都道府県医師会には地域の実情に合わせた支援体制を構築するよう求めているほか、日医会員向けの新保険を創設するなど、急ピッチで新制度に向けた体制を整えていることを紹介した。

「相談に十分に乗れる体制を構築する」の画像

ログインして全文を読む