日本医療法人協会常務理事の小田原良治氏は、新制度の目的は「医療安全」の確保と事故の「再発防止」であって、免責や責任追及のための制度ではないと解説し、強調した。さらに同協会が作成した「医療事故調運用ガイドライン」を座右に置いて新制度に対応することを勧めた。

「運用を誤らぬよう、医法協運用ガイドラインを座右に」の画像

ログインして全文を読む