「医療事故調査は特別なものではなく、職業倫理に基づいて、日常診療を行うのと同様に、その延長線上で対応するものである」。10月25日に日経メディカルが東京都内で開催した「医療事故調査制度対策セミナー」(日経ヘルスケア共催)の基調講演には、全国医学部長病院長会議・大学病院の医療事故対策委員会委員長の有賀徹氏(昭和大学病院病院長)が登壇した。医療事故調査制度が検討されるようになった経緯や制度の趣旨、医療者として制度にどう向き合うべきかを解説した。

「医療事故調査は日常診療の延長線上で対応すべき」の画像

ログインして全文を読む