気管支壁に高周波電流を流して熱することで気道平滑筋を減少させ、喘息症状を抑制する「気管支サーモプラスティ」が2015年4月に保険収載された。海外の治療実績では、喘息発作回数や救急外来の受診回数を減少させる効果が認められている。薬剤では症状がコントロールできない重症喘息患者に対する新たな機序の治療法で、日本国内での成績が注目される。

気管支の直接加熱で重症喘息を改善の画像

ログインして全文を読む